共産公認統一予定候補 たなべ事務所開き/香川 市民団体・4野党が連帯

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年6月5日付

写真

(写真)訴える、たなべ選挙区予定候補
(左から4人目)と(左から)新社会・亀割
県幹事長、社民・高田県連代表、共産・
小池書記局長、(1人おいて)香川大
有志の会・寺尾、ママの会・堀尾の各氏
=4日、高松市

 日本共産党公認で全国唯一の野党統一予定候補、たなべ健一参院香川選挙区予定候補の事務所開きが4日、高松市で行われました。小池晃書記局長が駆けつけ、「みなさんの力を結集して何としても勝ち抜きたい」と訴えました。

 事務所は用意した席を上回る支援者であふれ、戦争法廃止を求める市民や各野党の代表が連帯あいさつ。たなべ予定候補らと手をつないで掲げると、割れるような拍手と「頑張ろう」の声援がわきました。

 たなべ予定候補は「市民のみなさんのたたかいを支えに頑張っています」と報告し、「国民の声をまっすぐ国政に届け、実現するため、みなさんの代表として必ず国会へ送り出してください。全力で頑張り抜く」と訴えました。

 事務所開きには、ママの会、香川大学有志の会、自治労県本部、社民党、新社会党からの参加がありました。民進党最高顧問の江田五月参院議員からメッセージが寄せられました。

 たなべ健一参院香川選挙区予定候補の事務所開きでは、各団体から激励の発言が相次ぎました。

 ママの会の堀尾崇子さんは「絶対に国会に行ってもらいたい。ママたちの思いを託せるのは、たなべさんだけです」。戦争法廃止を求める香川大学有志の会の寺尾徹事務局代表は「大勝利し、参院の構成を塗り変えたい。ともに頑張ろう」と呼びかけました。自治労県本部の森信夫委員長、社民党の多田雄平県連幹事長、竹本敏信県議らが参加しました。

 「今日の熱気は、かつて革新知事を誕生させた当時の熱気だ」と新社会党県本部の亀割浩三幹事長。社民党県連代表の高田良徳県議は「安倍政権を倒すため、野党、市民の力を一つにして勝利を」と述べました。民進党最高顧問の江田五月参院議員は「『アベの暴走』を野党みんなが力を合わせて、何としても食い止めなければなりません」とのメッセージを寄せました。

 小池氏は、統一候補の擁立にあたった関係者にお礼と敬意を述べた上で「他党の支持者の方にも、自分たちの候補と思っていただけるよう努力を重ね、心一つにたたかえる選挙にしたい」と表明。「党公認予定候補が野党統一予定候補となったことで、相互協力が明確となり、全国に希望と励ましを与えている」と強調し、「みなさんの力で旋風を巻き起こし、野党の代表として国会へ送り出そう。政治の流れを香川での勝利で大きく変えていこう」と力説しました。

 三木町の男性(68)は「たなべ予定候補の訴えが心に響きました。情熱がある人。絶対に国会へ送り出したい」と話しました。

 事務所開きの後、小池氏は市内の三越前で、たなべ予定候補と街頭演説しました。

Pocket
LINEで送る