立憲主義取り戻す共闘/NHK討論 小池氏が“野合”攻撃を批判

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年6月14日付

 日本共産党の小池晃書記局長は12日のNHK「日曜討論」に出演し、参院選での野党共闘を“野合”と攻撃する自民党などに対して「的外れだ。憲法に基づく政治を行う、立憲主義を取り戻すために共闘している。違憲の安保法制=戦争法を強行して立憲主義を壊したのは自民党だ」と批判しました。

(詳報)

 番組では、参院選で野党共闘が実現した32の1人区が注目点だと紹介。自民党の茂木敏充選挙対策委員長が、野党間の政策の違いをあげ「選挙目当て」と主張したのに対し、小池氏は「野党共闘に踏み切ったのは、安倍政権が(行っているのは)憲法を破壊する政治だからだ。立憲主義という民主政治の基本を取り戻すためには、違いを超えて一致団結し、安倍政権を倒さなければいけない」「市民が求める共闘が野合のはずがない」と反論しました。

 小池氏は、4野党は「アベノミクスによる国民生活の破壊、格差と貧困の是正」などでも一致していると指摘。保育士や介護労働者の賃上げ法案などを野党が共同提出しているが、それを否決したり、審議を拒否するのが与党だと述べ、アベノミクスへの「対案も対決軸もはっきりしている」と強調しました。

 民進党の玄葉光一郎選挙対策委員長は、アベノミクスを批判し、「普通の人から豊かになる経済政策に軌道修正すべきだ」と主張。野党共闘は「巨大与党に対抗する政治の知恵だ」と述べました。

 野党の政権構想も議論となる中で、小池氏は「共産党は『戦争法廃止の国民連合政府』を提案しているが、民進党にもぜひ真剣に検討してほしい」と呼びかけました。

Pocket
LINEで送る