安倍政治終わらせる/京都 小池・大河原氏

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年6月19日付

写真

(写真)街頭演説する小池晃書記局長と
河原としたか選挙区予定候補
=18日、京都市北区

 日本共産党の小池晃書記局長は18日、京都市北区で街頭演説し、参院選比例代表で市田忠義予定候補をはじめとする9人の当選と、定数2を有力3候補で争う大激戦の京都選挙区で、共産党の大河原としたか予定候補を何としても勝利させてほしいと訴え、聴衆の大きな歓声と拍手に包まれました。

 小池氏は、戦争法廃止やアベノミクスの抜本的な転換などを訴えるとともに、安倍晋三首相をはじめとする与党による野党攻撃に正面から反論しました。

 「民進党にはもれなく共産党がついてくる」と述べていることについて、「なぜ共産党がついたらダメなのか。共産党がついているからこそぶれない政治ができるのではないでしょうか」ときっぱり。野党共闘を「理念なき野合」だと言っていることについては「自民党だけにはそんなことは言われたくありません」と力説。「戦争法を廃止する、立憲主義を取り戻すことはこれ以上ない理念です。しかも今度の共闘は市民のみなさんが声を上げたもの。市民が求める共闘が野合のはずがないではないですか」「これは野合ではなく希望です。みなさんの一票で安倍政治を終わらせることができる。希望の共闘で必ず勝利しようではありませんか」と訴えると、聴衆は「その通り!」と応えました。

 小池氏とともにマイクを握った大河原予定候補は「私たちの力で政治は必ず変えることができます。野党が一つにまとまるために力を尽くしてきた日本共産党を必ず躍進させてください」とこん身の力で訴えました。

Pocket
LINEで送る