小池書記局長駆ける/愛知・静岡・神奈川

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年6月23日付

 参院選が公示された22日、日本共産党の小池晃書記局長は愛知、静岡、神奈川の3県を駆け巡り、日本共産党の比例代表での躍進と複数区での勝利を訴えました。「野党共闘の成功で安倍暴走政治をストップし、日本共産党の勝利で新しい政治と政府をつくろう」との呼びかけに、笑顔いっぱいの聴衆が拍手や 指笛で応えました。

 各地の演説会で小池氏は、戦争法廃止と立憲主義回復を掲げて野党が共闘し、安倍政権とたたかう画期的な選挙だと強調。「安倍首相は、憲法違反の法律を強行して自ら違憲状態をつくりながら、違憲の状態を解消するためと称して憲法を変えようとしている。あまりに身勝手で卑劣だ。自民党への一票は憲法9条を壊す一票です。戦争への道を止める願いを日本共産党へと広げてください」と訴えると、「そうだ」の声があがりました。

 小池氏は、北朝鮮が同日、弾道ミサイルを発射した暴挙を糾弾すると表明。同時に「安保法制には何の『効果』もないことが証明された。軍事対軍事の悪循環でなく、憲法9条を生かした平和外交による解決こそ、日本にしかできない仕事だ」と呼びかけました。

 小池氏は、「安倍首相はアベノミクスのエンジンをふかすというだけで、何をやるかまったく語らない」と批判。これに対して、アベノミクスに代わって格差拡大を是正する経済改革を持ち、原発問題、環太平洋連携協定(TPP)問題、米軍基地問題を解決する道を示す日本共産党を「必ず勝利させてほしい」と訴えました。

すやま候補

愛知

写真

(写真)たけだ比例候補(左)、すやま選挙区
候補(右)の必勝を訴える小池書記局長
=22日、名古屋市中区

 名古屋市中区栄の噴水前では、岩中正巳県委員長とともに、愛知選挙区の、すやま初美候補は、広告デザイナーとして働いた職場で目の当たりにした長時間労働の実態を告発し「若者のがまんの上に成り立つ社会を変えたい」と表明。たけだ良介比例候補は「自分の子どもも、一人の青年も戦場に送らない」と力を込めました。市民連合@愛知の新美加寿奈さんが「野党と市民が一緒にたたかう選挙です。力を合わせて選挙を盛り上げよう」とスピーチしました。

鈴木候補

静岡

写真

(写真)訴える小池書記局長(右)と鈴木
選挙区候補=22日、静岡市

 静岡市葵区の青葉公園広場では、平賀高成県議とともに、鈴木ちか静岡選挙区候補が「原発事故で故郷に帰れなくしてはいけません。浜岡原発は廃炉に」と訴えました。戦争法廃止を求めて抗議行動を続ける浅賀治樹さんが激励あいさつ。元自民党掛川市議の松浦喜芳さんも「安保法制を強引に通されて自民党を退いた。駄目なものは駄目といいたい」とあいさつしました。

あさか候補

神奈川

写真

(写真)訴える小池書記局長と生活の党・樋高
元衆院議員(左端)、あさか選挙区候補(左から
2人目)、畑野衆院議員(右端)、椎葉比例候補
(右から2人目)=22日、川崎市高津区

 川崎市高津区の溝の口駅前では、弁護士の中瀬奈都子さんが応援演説に駆けつけ、日本共産党の畑野君枝衆院議員が訴えました。

 生活の党から推薦を受けたあさか由香神奈川選挙区候補は「政治を変えるチャンスです。自民党、公明党を少数に追い込もう」と強調し、椎葉かずゆき比例候補は「若者の未来をうばう安倍政権にノーの審判を」と呼びかけました。

Pocket
LINEで送る