野党共闘で どんどん追い上げ/鳥取・島根合区 小池書記局長が訴え

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年6月25日付

写真

(写真)そろって訴える(左から)新社会・岡崎、
共産・小池、市民連合・西谷、野党統一・福島
浩彦候補、民進・柿沢、社民・又市の各氏
=24日、鳥取県米子市

 合区となり1議席を争う参院鳥取・島根選挙区の福島浩彦野党統一候補の必勝へ、日本共産党の小池晃書記局長、民進党の柿沢未途選対委員長代理、社民党の又市征治幹事長、新社会党の岡崎宏美元衆院議員の各野党と、「市民連合」の西谷修氏(立教大学特任教授)が24日、鳥取県米子市で共同街頭演説を行いました。

 福島候補は「世の中が変わるときは、周辺から変わるのが世の常です。皆さんの先頭に立って頑張る」と決意表明しました。

 小池氏は「立憲主義の破壊という異常な状態を打開するため、野党は安保法制をなくせと固く一致している。与党は『野合』というが、立憲主義=憲法を守る政治というのは当たり前の理念です」と強調。「野党共闘は『野合』でなく希望です。どのマスコミも野党共闘の効果が発揮されていると指摘しています。野党共闘でどんどん追い上げ、必ず勝利しよう」と訴えました。

 各党が交互にマイクを握り、「安倍政権の独走、暴走、やりたい放題に、市民の力で待ったをかけよう」(民進・柿沢氏)、「憲法を守ることは政治の基本だ。政策の違いはあっても立憲主義を守り、憲法を守るために大同についた。(野党共闘で)戦後の歴史で大きな転換が起こりつつある」(社民・又市氏)、「国会を変えるチャンスは今です。(野党共闘は)本当に血の通う団結の力になっている」(新社会・岡崎氏)と、福島候補の必勝を呼びかけました。

 「市民連合」の西谷氏は「野党の候補者の統一は必須のことだ。絶対に勝たせてほしい」と訴えました。

Pocket
LINEで送る