神奈川で小池書記局長/あさか選挙区候補・椎葉比例候補訴え

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年6月27日付

写真

(写真)小池書記局長の訴えを聞く人たち
=25日、横浜市西区

 日本共産党の小池晃書記局長・参院議員は25日、横浜市西区で演説し、参院選比例代表選挙で日本共産党への支持を大きく広げ椎葉かずゆき候補をはじめ9議席獲得と、神奈川選挙区(改選数4)での、あさか由香候補の勝利で新しい政治の一歩を切りひらこうと訴えました。

 買い物客などでにぎわう横浜駅近くでの街頭からの訴えに、若者らが次々に足を止め、演説に聞き入っていました。

 小池氏は、テレビ討論で自民党が、参院選後の国会で、憲法9条2項を削除し、国防軍を明記した改憲案を提案すると認めたと指摘。「自民党への1票は、憲法9条を壊す、戦争への1票です。日本共産党への1票を広げていただき、市民の力で戦争への道を止めよう」と訴えました。

 椎葉候補は「戦争への道、独裁への道をストップさせるために全力を尽くす」、あさか候補は「憲法9条を絶対に守り抜き、次の世代にしっかり渡したい」と表明しました。

 足を止めた男性(48)=磯子区=は「官邸前での抗議行動での発言や、野党共闘での頑張りを見てきましたが、共産党はわれわれサイドに立っていると思う。今回は共産党に入れます」と話しました。

 インターネットで知って来たという40代の女性=西区=は「今まで共産党に投票したことはないけど、入れてみようかな。安倍さんの暴走を止めてほしい」と語りました。

Pocket
LINEで送る