大激戦の千葉、党躍進と浅野候補勝利必ず/小池書記局長が訴え

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年7月2日付

写真

(写真)椎葉かずゆき比例候補(右)、浅野
ふみ子選挙区候補(左)の必勝を訴える
小池晃書記局長=1日、千葉県船橋市

 日本共産党の小池晃書記局長は1日、千葉県内2カ所で街頭演説し、改選3の大激戦をたたかう千葉選挙区の浅野ふみ子候補の勝利と、比例代表で日本共産党の支持を広げに広げ、椎葉かずゆき候補をはじめ9人の当選を必ず勝ちとろうと訴えました。

 市川駅前(市川市)では、聴衆から「野党は共闘」「がんばれ共産」のコールが起きました。「安保関連法に反対するママの会@ちば・いちかわ」の藤野知恵子さんが応援演説。浅野候補は、戦争法とアベノミクスを批判して「平和と暮らし守れの願いを日本共産党に託してください」と訴えました。

 船橋駅前(船橋市)では、共同保育所の施設長を務める筋野幸乃さんが党躍進を訴えました。この日、3人目の子どもが生まれた椎葉候補は「絶対に戦争だけはいけないと改めて決意した。日本共産党を伸ばし、戦争ストップの声を突きつけよう」と力を込めました。

 小池氏は、安倍首相が、安保法制=戦争法廃止と立憲主義回復で一致した野党共闘に危機感を募らせ、攻撃ばかりを繰り返していることを批判。「憲法がかかった選挙です。絶対に負けるわけにいきません。野党共闘を成功させ、日本共産党の大躍進で新しい政治への扉を開こう」と訴えました。

 アベノミクスについて小池氏は、同日に発表された家計調査で消費支出が2月を除いて9カ月マイナスになった事実をあげ、これが家計の実態だと強調しました。

 さらに、安倍政権が株高を演出するために年金積立金の株式運用を拡大して、昨年度で5兆円超の損失を出し、4月からの株価下落でさらに2兆円超の損失が出る見込みだと指摘。「あまりにもでたらめだ。国民の財産である年金積立金を、アベノミクスのために消してしまった」と厳しく批判しました。

 小池氏は「投機マネーに揺さぶられない地に足ついた本当に強い経済をつくる必要がある」と強調して、税金の集め方・使い方、働き方をチェンジする日本共産党の躍進を訴えました。

 小池氏の演説に大きな拍手を送っていた市川市の女性(66)は「日本の平和を守りたくて、共産党を応援しています。投票先を決めていない人も多いし、投票率が5%でも上がればガラッと変わるんですよね。私も選挙に行こう、共産党頼むよと電話をかけています」と話しました。

Pocket
LINEで送る