大激戦 しばた候補押し上げを/福岡で小池書記局長訴え

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年7月6日付

写真

(写真)声援にこたえる(左から)小池書記局長、いせだ比例
候補、しばた選挙区候補、奥田さん=5日、福岡市中央区

 日本共産党の小池晃書記局長は5日、熊本県内で、自民党と一騎打ちの熊本選挙区、あべ広美野党統一候補(無所属)を勝利させようと訴えました。福岡県では「大激戦で猛追している。もう一押しで議席獲得。日本共産党のしばた雅子福岡選挙区候補を押し上げてください。比例でも大激戦、大接戦です」と呼びかけました。

 北九州市・黒崎駅近くで歯科医師の古市卓也さん、福岡市天神で青年団体「FYM」の後藤宏基さんと、シールズの奥田愛基さんが応援演説。日本共産党のいせだ良子比例候補は「国民の手に政治を取り戻す大チャンス」と強調、しばた選挙区候補は「何としても国会に送ってください」と訴えました。

 小池氏は、安倍首相が、年金積立金を株高演出のために株式市場につぎ込み、昨年度の損失と4月からの株価下落で、外国株式を含めると10兆円もの“大穴”をあけたことを批判。「しっかり対案を示し、この国を立て直すプランを持つ日本共産党にその仕事をやらせてください」と訴えると、「がんばろう」の声が飛びました。

Pocket
LINEで送る