改憲勢力の独占阻もう/大阪 小池書記局長・わたなべ候補

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年7月8日付

写真

(写真)聴衆の声援にこたえる(左から)生活・渡辺前衆院議員、
わたなべ選挙区候補、小池書記局長=7日、大阪府豊中

 小池氏は、わたなべ候補とともに、大阪府豊中市、大阪市旭区の個人演説会で訴えました。豊中駅のロータリーは身動きできないほどの聴衆でいっぱいになりました。

 無所属の木村真、熊野いそ両市議が「たたかいは今から」「わたなべさんを押し上げよう」と呼びかけた街頭演説。わたなべ候補を推薦する生活の党の渡辺義彦大阪府連幹事長(前衆院議員)が「自公にきつい“やいと”をすえよう。われわれの候補=わたなべ結候補を国会に押し上げよう」と呼びかけました。

 わたなべ候補が「野党と市民の共闘が広がった歴史的選挙。改憲勢力に大阪の4議席独占を許しません。どうか競り勝たせてください」と熱く訴えると、聴衆から大きな拍手が起こりました。

 小池氏は「改憲勢力に大阪の四つの議席を独占させてはなりません。これを阻めるのがわたなべ結候補です」と強調。「自公とおおさか維新に1票を投じれば、まっすぐに改憲に進む1票になる。“憲法9条を守ろう”“戦争させない”の願いは党派を超えて、わたなべ結と日本共産党に託してください」と訴えました。

 大阪市旭区の個人演説会では「民意の会」の浅野秀弥代表がスピーチしました。

Pocket
LINEで送る