革新の底力見せよう/小池書記局長、大河原(京都)しばた(福岡)候補と

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年7月9日付

 日本共産党の小池晃書記局長は8日、1票を争う大激戦となっている京都府、福岡県を分刻みに駆け巡りました。

■京都

写真

(写真)小池書記局長(左)とともに訴える大河原選挙区候補
=8日、京都市上京区

 「いくぞ、国会へ」のプラカードが並んだ京都農民会館前(伏見区)での演説後に宣伝カーに乗り込んだ小池氏。デッキから「大激戦。急速に追い上げています。大河原としたか候補を何としても国会へ送り出してください」と訴えると通行人が次々と手を振りました。

 「まだ考えている」と自民支持の商店主も耳を傾けた大手筋商店街での街頭演説。大河原候補が、「自民党の現職候補は安倍首相に改憲を迫った人物。平和憲法を壊そうとしている候補者に負けるわけにはいかない」と力を込めると、大きな拍手が起きました。

 同志社大学西門前の街頭演説を、学生が足を止めて聞きました。

 京都民医連中央病院横で小池氏は、京都新聞7日付世論調査で「改憲反対」の世論が6割を超えたことを紹介。「改憲を狙い、国防軍保持を公言する人物を京都の代表として国会に送ることはできない。京都の革新の底力を発揮して、正義の弁護士、大河原さんを必ず勝たせよう」と力を込めると、聴衆から「そうだ」の声が返りました。

■福岡

写真

(写真)声援に応える(左から)しばた選挙区候補、小池書記局長、
いせだ比例候補=8日、北九州市小倉北区

 小池氏は同日夕、北九州市の旦過橋クエスト前で、しばた雅子候補らと訴えました。雨の中、交差点の広場には聴衆の人垣が膨らみました。

 しばた候補を推薦した「みんなで選挙ふくおか」10区世話人の村上さとこさんが「しばたさんを国会に押し上げ、改憲を防ごう」と訴えました。

 しばた候補は、「私は普通に働けば、普通に暮らせる社会にしたい。みなさんの声が届く、声が生きる社会にします。必ず勝たせてください」と力を込めました。いせだ良子比例候補が、日本共産党の躍進を訴えました。

 小池氏は、「安倍首相は『共産党はアベノミクス反対だけで対案がない』と言うが、私は対案をちゃんと語っている」と強調。「アベノミクスのエンジンをふかしてどこにいくのか、何をやるのか、案がないのが安倍首相です。こんな無責任な人たちにこの国のかじ取りを任せるわけにはいかない」と力強く訴えました。

Pocket
LINEで送る