新潟県知事選 原発再稼働・TPPが争点/米山候補勝利に向けて全力/小池書記局長が会見

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年10月4日付

写真

(写真)記者会見する
小池晃書記局長
=3日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は3日の会見で、16日投票の新潟県知事選で原発再稼働やTPP(環太平洋連携協定)問題が大争点となっていることをあげて、「きわめて重要な選挙だ」と強調し、市民と野党の統一候補・米山隆一氏の勝利に向けて全力をあげると表明しました。

 小池氏は「最大の争点は柏崎刈羽原発の再稼働問題だ」と指摘。東京電力柏崎刈羽原発は福島第1原発と同じ沸騰水型の世界最大の原子炉で、現職の泉田裕彦知事は“福島事故の総括なくして再稼働の議論なし”という旗を掲げてきたことを紹介し、「この泉田県政を米山氏は継承することを公約に掲げている。これは新潟県政にとどまらず、柏崎刈羽で原発事故が起これば、関東・甲信越だけではなく、日本中に大損害を与えることになるわけで、(同原発の再稼働問題は)国民的な課題だ」と述べました。

 小池氏はまた、TPPに関して、輸入米の価格偽装が発覚した問題について「まさに米どころ新潟を直撃する問題だ」と指摘。米山氏が“TPPから、新潟の米と農業を守る”と訴えていることを紹介しました。

 小池氏は、2日に自ら新潟市で街頭演説に立ったことにもふれ、「かなり足を止める市民も多い。関心が高いというのが実感です」と表明。今回の知事選では米山氏を推す野党共闘に民進党が加わっていないことについて記者から問われた小池氏は、「民進党の国会議員も(米山氏)応援に駆けつけている。市民も本当に野党が力を合わせてほしいということを強く望んでいるし、民進党にも、ぜひ野党の共闘に加わってもらい、一緒にたたかっていくことを希望したい」と語りました。

Pocket
LINEで送る