TPP関連法案「自然成立」はない/NHK番組 小池氏が会期延長批判

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年11月7日付

 日本共産党の小池晃書記局長は6日のNHK「日曜討論」で、環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案を自然成立させるために今国会(11月30日まで)の会期延長がとりざたされていることについて、「TPPは、条約だけではなく、関連法案もある。法案に『自然成立』はない。関連法案も含めて可決・成立しなければ批准のための国内手続きが終わったことにはならない。引きつづき徹底審議が必要だ」と主張しました。

 衆院ではTPP承認案と関連法案が審議され、与党は4日のTPP特別委での強行採決に続き、8日の衆院本会議で採決する狙いです。憲法はTPP承認案のような条約の承認について、衆院の可決後30日以内に参院が議決しないときは「衆院の議決を国会の議決とする」と規定しています。このため与党はTPP承認案「自然成立」のための会期延長を狙っています。番組で小池氏は、こうした与党の狙いを「強行採決のうえに会期の延長とはとんでもない話だ」と批判しました。

Pocket
LINEで送る