「刑法改正案が先」/「共謀罪」審議入りめぐり小池書記局長指摘

Pocket
LINEで送る

赤旗2017年4月11日付

 日本共産党の小池晃書記局長は10日の記者会見で、「共謀罪」法案をめぐり、自民・民進両党の国対委員長が同日、衆院法務委員会で12日に民法改正案を採決した後、14日に趣旨説明を行って審議入りする日程で合意したことについて「法案の提出順でいえば、『共謀罪』法案より性犯罪に関する刑法改正案が先だ。民法改正案を採決するのであれば、その次にやるべきは刑法改正案であり、それが国会のルールだ」と指摘しました。

Pocket
LINEで送る