憲法が目指す政治の実現こそ/NHK憲法記念日特集 小池書記局長が主張

Pocket
LINEで送る

赤旗2017年5月4日付

 日本共産党の小池晃書記局長は3日放送のNHK番組「憲法記念日特集」に出演し、施行70年を迎えた日本国憲法について与野党代表と討論しました。

 自民、公明、維新の各党は「未来を展望して新しい憲法を考えていく大事なときを迎えている」(自民・保岡興治憲法改正推進本部長)などと改憲論を展開しました。

 これに対し小池氏は、9条という世界で最も進んだ恒久平和主義の条項や30条にわたる豊かな人権条項をもつ日本国憲法の先駆性を示し、「この憲法が自民党政治のもとでないがしろにされてきた。施行から70年で続いてきたのは、憲法に背く政治だ」と改憲勢力の姿勢を批判。「いま日本に必要なのは、この憲法を変えることではない。憲法が目指した政治を実現することだ」と主張しました。自民党などは衆参憲法審査会で議論されたテーマをあれこれ列挙しましたが、国民が求めている根拠を何ら示すことができませんでした。

 小池氏は、歴代政府の憲法解釈を閣議決定で覆して違憲の安保法制=戦争法を強行した安倍政権の立憲主義破壊を批判。安倍晋三首相が「党としての公式文書」と位置付ける「自民党改憲案」(2012年)が立憲主義を根底から否定するものだと告発し、その撤回を求めました。自民・保岡氏は「野党時代につくったものだ」と言い訳し、撤回を拒否しました。

 保岡氏は「自衛隊の存在と役割を必要とする改正があっていい」と発言。小池氏は「9条にいま自衛隊を書き込むのは、単に自衛隊の存在を認めることにとどまらず、海外での武力行使を無制限にできるようにしてしまう」と批判しました。

 小池氏は「きょうの議論を聞いても、憲法のどこを変えなければいけないということがまったくわからない」と述べ、「野党と市民が力を合わせて『(改憲勢力)3分の2』を崩していかないといけない」と決意を表明しました。

(詳報)

Pocket
LINEで送る