プロフィール
小池晃の「日本をこうする!」
「アベノミクス」に対する経済提言

賃上げと安定した雇用の拡大で、暮らしと経済を立て直そう

「即時原発ゼロ」の実現を 日本共産党の提言

日米安保条約をなくしたらどういう展望が開かれるか:全国革新懇総会 志位委員長の記念講演

改憲派の三つの矛盾と憲法9条の生命力:5・3憲法集会 志位委員長のスピーチ


小池あきらチャンネル


小池 晃
小池 晃
  こいけ     あきら

日本共産党 副委員長、党政策委員長



■略歴

1960年
6月9日生まれ(東京世田谷区)
武蔵野市立大野田小学校、第四中学校、東京教育大学附属 駒場高等学校、東北大学医学部
1984年
全国医学生自治会連絡会議(医学連連)委員長 として、全日本医学生連合(医学連)再建のため尽力
1985年
全日本学生自治会総連合(全学連)副委員長、 国際部長
1987年
3月東北大学医学部医学科卒業
1987年
4月健康文化会小豆沢病院入職。
その後医療法人社団北病院を経て97年10月より東京勤労者医療会代々木病院勤務。
1998年
全日本民主医療機関連合会(全日本民医連 )理事
1998年
7月参議院選挙(比例区)で当選。国民福祉委員会理事、社会保障制度審議会委員、共生社会に関する調査会委員、予算委員会理事、議院運営委員会理事、金融問題及び経済活性化に関する特別委員会委員、国会対策委員長代理などをつとめる。
2004年1月
日本共産党常任幹部会委員、政策委員長
2004年7月
参議院選挙(比例区)で当選(2期目)。日本共産党参議院議員団幹事長
2007年8月
日本共産党参議院議員団長(参議院議員団幹事長兼任)
2013年2月
日本共産党 副委員長
2013年7月
参議院選挙で当選、現在3期目。
参議院厚生労働委員

FaceBook

Dr.小池の日本を治す!
Dr.小池の処方箋
小池あきらのかけある記
国会論戦ハイライト

日本共産党

日本共産党中央委員会
〒151-8586
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7
TEL:03-3403-6111

  • 国会議員団 東京事務所
     〒151-0053
     渋谷区代々木1-44-11 1F
     TEL:03-5304-5639
  • 国会議員団 南関東事務所
     〒221-0822
     横浜市神奈川区西神奈川 1-10-16
     斉藤ビル2F
     TEL:045-324-6516

参議院議員会館事務所
〒100-8962
千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館1208号室
TEL:03-6550-1208
FAX:03-6551-1208