「皇室典範改正が筋」/NHK「日曜討論」 生前退位で小池氏

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年9月26日付

 25日のNHK「日曜討論」で日本共産党の小池晃書記局長は、天皇の生前退位の問題について、「これは、一代限りの問題にとどまらない、制度の在り方にかかわる問題であり、皇室典範の改正という形で行うのが筋だ」と語りました。

 小池氏は、生前退位の意向をにじませた天皇のメッセージについて、「高齢によって象徴としての責任を果たすことが難しくなるのではないと案じる『お気持ち』はよく理解できる」と述べ、「いくら高齢になっても、亡くなるまで仕事を続けなければならないというあり方が、このままでいいのかということが問われている。政治の側の責任として、生前退位について真剣な検討が必要だ」と述べました。

 そのうえで、「憲法でも皇位については皇室典範の定めるところにより継承するとされており、皇室典範の改正で解決していくのが筋だ」と語りました。

Pocket
LINEで送る