論戦ハイライト 森友学園疑惑/首相夫人付が財務省に照会/国有地の格安払い下げ 「大きな力」浮かぶ/小池書記局長の追及 参院予算委

Pocket
LINEで送る

赤旗2017年3月25日付

 学校法人「森友学園」の籠池泰典氏に対する証人喚問で浮かび上がった数々の疑惑。日本共産党の小池晃書記局長は24日の参院予算委員会で、その焦点である安倍晋三首相夫人の昭恵氏付の政府職員が籠池氏に送った文書の重大性を追及しました。


写真

(写真)安倍晋三首相と閣僚に質問する小池
晃書記局長(右端)=24日、参院予算委

 問題の文書は、籠池氏が2015年10月、昭恵氏の携帯電話に依頼のメッセージを残した後、「内閣総理大臣夫人付」の政府職員・谷査恵子氏が財務省に依頼内容を照会、その回答を同11月17日に籠池氏にファクスで送っていたもの。国有地の定期借地の期間を10年から50年にできないかなどの内容を財務省の国有財産審理室長に問い合わせたうえ、「現状ではご希望に沿うことはできない」「引き続き、当方としても見守ってまいりたい」などと述べています。

 このファクス文書について菅義偉官房長官が、谷氏が自分の責任で作成・送付し、個人的に保管していたものであるかのように説明したことに対して、小池氏は「典型的な『秘書が、秘書が』の責任転嫁で、本当にひどい話だ」と批判。谷氏が個人の判断でファクスを送ったという政府の説明をただしました。

 小池 総理夫人付は政治家の秘書ではなく、官僚だ。上司の指示なく動くはずがない。

 菅官房長官 谷夫人付は、電話で問い合わせをし、電話で答えをいただいて、自ら文書で書かれた。

 依頼を受けた後の財務省への問い合わせも、回答を送付したのもすべて谷氏個人の行為と言い張り、昭恵氏とは切り離すというのが政府の態度です。

 小池氏は「問い合わせを受けた財務省は、総理夫人の意向がそこにあるのではないか、もしかしたら総理の意向がそこにあるのではないかと考えるのが当然だ」と指摘。「そんなことはありえないが、総理夫人の意向と関係なく夫人付がそういうことをやったとすればそれも大問題だ。これが適正な行政のあり方といえるのか」と述べました。

関与打ち消せず

 安倍首相は、ファクスの内容は籠池氏の依頼に対して「ゼロ回答だった」としたうえでこう述べました。

 首相 今回の夫人付が財務省に問い合わせた行為やファクスで回答した行為が、国有地の払い下げに私の妻が関与したことにはまったくならない。

 小池 出発点が真実じゃないから、つじつまがあわなくなるんですよ。

 小池氏は、首相夫人付が籠池氏の依頼を財務省に照会したこと自体が「行政の将来に影響を与えるということだってありうる」としたうえ、ファクス文書が「ゼロ回答」とはいえない根拠として「引き続き、当方としても見守ってまいりたい」という文言があることをあげ、この「当方」はだれを指すかを質問。菅官房長官は「当然、谷さんだ」と無責任な答弁を重ねました。

 小池氏は、籠池氏が証人喚問で「『神風』が吹いた、大きな力が働いた」と発言し、現実にそういう動きになったことを指摘して、「どう考えても納得のいく経過でなく、説明は説得力ゼロだ」として、徹底した解明を求めました。

鴻池記録は事実

 小池氏は、この国有地売却への政治家の関与を示した自民党の鴻池祥肇参院議員事務所の面会記録について、3月1日の同委員会で小池氏が取り上げた際、安倍首相が「事務所の名前も出さずに、調べようがない」と答えていたことをあげ、その後鴻池氏本人に直接確認したかをただしました。

 首相 まず本人が記者会見し、内容については財務大臣から本人にきいている。

 麻生太郎財務相 この内容が事実かどうか確認した。あなたが読まれたとおりだった。

 小池氏は「全部事実だということを認めた。財務省が『記録が残っていない』といっていることを認めたのだからこれは大きい」と述べたうえで、「総理は直接、真相解明の努力をしておらず、これではだめだ」として、安倍昭恵氏、森友学園の顧問弁護士だった酒井康生弁護士、松井一郎大阪府知事らの証人喚問を求めました。

写真

(写真)籠池氏が示した「首相夫人付職員からのファクス」

Pocket
LINEで送る