米山氏勝利で「県民の旗」立てよう/新潟知事選 4野党代表が結束し訴え/大激戦のまま あす投票

Pocket
LINEで送る

赤旗2016年10月15日付

 市民と野党の統一候補・米山隆一氏が、安倍政権と電力業界の全面後押しをうける与党候補を猛追し、大激戦となっている新潟県知事選は明日(16日)投票日を迎えます。「福島原発事故の収束・検証なしに柏崎刈羽原発の再稼働は許されない」と訴える米山氏への支援の輪は、野党支持者から保守派まで急速に広がり、県民的大義に基づくたたかいになっています。14日、JR長岡駅前では米山候補の必勝をと日本共産党の小池晃書記局長をはじめ、自由党(旧生活の党)、社民党の代表らによる合同街宣が行われ、「自主投票」の民進党からも江田憲司代表代行が応援に駆けつけました。沿道から「勝つぞ」「がんばれ」の熱い声援が途切れることなく続き、米山勝利を期す市民の熱気につつまれました。また、新潟市内で開かれた緊急市民大集会では、蓮舫民進党代表があいさつに立ち、広範な市民と4野党の共闘体制が名実ともに構築されました。


写真

(写真)米山候補(左から2人目)の必勝を訴える(右から)江田、吉田、
小池、森、(1人おいて)木戸口の各氏=14日、新潟県長岡市

写真

(写真)米山候補の訴えを聞く聴衆ら=14日、新潟市中央区

 長岡駅前での演説で米山候補は、「今ほど、みなさんの思いをかなえたい、子どもたちの未来を守りたいと思ったことはない」と力強く表明。「国に対し、原発再稼働を止める力を私に託してください。勝たせてください」と力をこめました。

 小池氏は、「横一線、勝利まであと一歩だ」と強調。与党候補の陣営が、米山候補を勝たせれば“県庁に赤旗が立つ”などという中傷ビラをまいていることを批判し、「追い詰められてこんなことしか言えなくなっている。市民と野党の共闘の勝利で立つのは、県民の旗だ」と訴えると、聴衆は「そうだ」と大きな歓声でこたえました。

 自由党からは、7月の参院選で岩手選挙区の野党統一候補として勝利した木戸口英司参院議員が「新潟県民の決断を岩手県民も注視している。必ず勝利を」と表明。社民党の吉田忠智党首は、「権力とカネに屈しない県民の良識を示そう」と連帯を表明しました。

 民進党の江田代表代行がマイクを握ると聴衆からは「ありがとう」の声が飛びました。江田氏は「脱原発を進める、そののろしを、新潟県民の思いとして全国に発信しよう」と訴えました。

泉田知事がメッセージ

 JR長岡駅前での合同街宣、新潟市内での市民大集会では、泉田裕彦新潟県知事のメッセージが紹介されました。

 米山さん、スピーディ活用問題、東京電力の組織体質、放射性汚泥等に関する東京電力の事故責任、以上に関する私からの3つの質問に対する回答ありがとうございました。

 これまでの方針通り、県民の皆さまに向き合っていただけるものと確認できました。

 頑張ってください。

Pocket
LINEで送る