昭恵夫人らの証人喚問を/徹底追及へ小池書記局長が訴え/埼玉で街頭演説

Pocket
LINEで送る

赤旗2017年4月2日付

写真

(写真)(右から)梅村さえこ衆院議員、
とばめぐみ衆院埼玉1区予定候補とともに
訴える小池晃書記局長=1日、さいたま市、
浦和駅東口

 学校法人「森友学園」への国有地格安払い下げなど安倍政権に対する怒りが沸騰するなか、日本共産党埼玉県委員会は1日、小池晃書記局長を迎えた緊急街頭演説を浦和駅東口(さいたま市)で行いました。真冬のような寒気で、駅前には大きく膨れ上がった人垣。「幕引きを許さず、徹底追及を」との小池氏の訴えに声援と拍手が飛び交いました。

 小池氏は、国有地売却問題での安倍晋三首相夫人・昭恵氏の関与疑惑が、森友学園の籠池泰典氏の証人喚問や資料などを通じて深まってきたと報告。籠池氏の要望で夫人付政府職員が財務省に問い合わせ、ファクスで回答したのは「個人」の行動だと政府が責任転嫁し、要望にも「ゼロ回答」だと説明しているのに対し、「国有地払い下げが決定するなど、『ゼロ回答』どころか満額回答だ」と指摘しました。

 昭恵氏が8億円の値引き前に、籠池氏の要望を職員に伝え、問い合わせをさせたなら、「土地取引への明らかな関与ではないか」と小池氏。安倍首相が自身や昭恵氏の関与があれば「総理大臣をやめる」と断言するほどの大問題で、「昭恵氏らの証人喚問、徹底追及が必要だ」と訴えました。

 さらに、「教育勅語」の暗唱など異様な森友学園の「教育」に関し、勅語の復活を狙うのが安倍政権だと指摘。同学園を持ち上げてきた首相夫妻の道義的責任は明らかで、「土地取引に関与していたなら総理を辞職するべきだ」と批判しました。

 また小池氏は、「共謀罪」法案について、「盗聴や密告でモノ言えぬ監視社会をつくるものだ」と告発しました。

 小池氏は「暴走だけでなく迷走が始まっている。国政の私物化、情報隠ぺいの政治だ。野党と市民の共闘で安倍政権を打倒しよう」と力を込めました。

 梅村さえこ衆院議員、とばめぐみ衆院埼玉1区予定候補がともに訴え、「個人の尊厳を守る新しい政治をつくろう」と呼びかけました。

Pocket
LINEで送る