首相の9条改憲発言 無制限に海外派兵へ/BS番組 小池書記局長が批判

Pocket
LINEで送る

赤旗2017年5月5日付

 日本共産党の小池晃書記局長は3日夜のBSフジ「プライムニュース」に、自民党の石破茂元防衛相とともに出演しました。小池氏は、安倍晋三首相が同日、自衛隊を憲法9条に明記した新憲法を2020年に施行したいと発言したことを「自衛隊の存在を書き込むことにとどまらない」「海外で無制限に武力行使できるようになる」と批判しました。


 安倍首相は、改憲派の集会に寄せたメッセージで「『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論の余地をなくす」として憲法9条の「1項、2項は残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と述べました。

 小池氏は、「自衛隊が違憲かもしれないなどの議論の余地をなくす」「自衛隊を合憲化する」という安倍首相の発言について「共産党は自衛隊は違憲だと言ってきたが、その通りだったのか。政府の自衛隊合憲論の根本が問われる発言だ」と指摘しました。

 小池氏は「これまで政府は、自衛隊合憲の憲法的根拠を9条2項においていた。自衛のための必要最小限度の実力組織だから憲法違反ではなく、したがって海外派兵、集団的自衛権、武力行使を目的とする国連軍への参加はできないとしてきた。安保法制=戦争法で『存立危機事態』を設けたが、その国会審議でも『イラクやアフガニスタンのような戦争に、武力行使を目的に参加はできない』と言わざるを得なかった」と述べました。

 その上で、もしも憲法9条に自衛隊を書き込むと、「合憲性の根拠としてきた『自衛のための必要最小限の実力行使』という枠が外れて、無制限に海外で武力行使できるようになる。9条全体を無効にしてしまう」と告発しました。

 さらに安倍首相が「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べたことについて、「世論の多数は9条改憲反対だ。自分の任期中にやりたいというおごりは許されない」と批判しました。

“議論ない考え 矛盾がつづく”自民・石破氏

 「国防軍」を明記した自民党改憲草案の起草委員を務めた石破氏は、9条1項、2項を残して自衛隊を明記するという安倍首相の発言について「自民党の今までの議論の積み重ねの中になかった考え方」だと指摘。「自衛隊は軍隊なんですか、交戦権はどうなるんですか、と(国民は)普通思います。(憲法と現実の)矛盾がそのまま続く」と疑問を呈しました。

Pocket
LINEで送る