日本共産党 書記局長参議院議員
小池 晃

検索

環境問題

汚染水海洋放出 断固反対 まさに強権政治 小池書記局長が記者会見

2021年04月13日
 日本共産党の小池晃書記局長は12日、国会内で記者会見し、政府が13日にも決定する東京電力福島第1原発事故に伴う汚染水の海洋放出への地元の強い反対の声を示し、「まさに民主主義国家にあるまじき強権政治と言わなければならない」と厳しく批判しました。  小池氏は、全漁連、福島県漁連が反対し、同県議会や県内7割の43市町村議会が反対や慎重対応の意見書を採択し、政府と東電が関係者の理解なしに汚染水のいかなる処分も行わないと文書回答(2015年8月)している…続きを読む
汚染水海洋放出 断固反対 まさに強権政治 小池書記局長が記者会見

衆院北海道2区・参院長野補選、広島再選挙 3国政選勝利を

2021年04月07日
 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)は6日、25日投票の三つの衆参補選・再選挙の勝利をめざす申し入れを日本共産党、立憲民主党など野党各党に行いました。日本共産党は志位和夫委員長、小池晃書記局長、紙智子国会議員団総会会長、高橋千鶴子衆院議員団長、穀田恵二国対委員長が応対し、申し入れ書を受け取りました。…続きを読む
衆院北海道2区・参院長野補選、広島再選挙 3国政選勝利を

市民連合、3国政選勝利へ申し入れ 共闘が未来ひらく

2021年04月07日

国挙げ脱炭素社会へ 参院 気候非常事態宣言を決議

2020年11月22日
 参院本会議は20日、国をあげて地球温暖化対策に取り組む決意を示す「気候非常事態宣言決議」を全会一致で議決しました。決議は、超党派の議員連盟が準備してきたもの。発議者には、日本共産党の小池晃書記局長、市田忠義、山下芳生両副委員長が名を連ねています。…続きを読む
国挙げ脱炭素社会へ 参院 気候非常事態宣言を決議

学術会議 コロナ 温暖化 新基地 核兵器禁止条約 首相の姿勢 根本から問う 小池書記局長が代表質問

2020年10月31日
 日本共産党の小池晃書記局長は30日、参院本会議で代表質問に立ち、日本学術会議の会員任命拒否問題や新型コロナウイルス対策など直面する重大問題について菅義偉首相の姿勢をただしました。小池氏は、学術会議の任命拒否について「民主主義と法治国家のあり方に対する菅首相の基本姿勢を根本から問うものになっている」として「菅首相には任命拒否の理由を誠実に説明する責任がある。逃げずに答えよ」と厳しく迫りました。…続きを読む
学術会議 コロナ 温暖化 新基地 核兵器禁止条約 首相の姿勢 根本から問う 小池書記局長が代表質問

国民の願い実現する政治を 国政の焦点課題 首相に迫る 小池書記局長の代表質問

2020年10月31日
 日本共産党の小池晃書記局長は30日の参院本会議の代表質問で、菅義偉首相が日本学術会議の会員候補6人を任命拒否した問題や、新型コロナウイルス感染症対策、温室効果ガスの排出削減、沖縄の米軍辺野古新基地建設、ジェンダー平等、核兵器禁止条約など多岐にわたる国政の課題を取り上げ、菅首相の姿勢をただしました。…続きを読む
国民の願い実現する政治を 国政の焦点課題 首相に迫る 小池書記局長の代表質問

小池書記局長の代表質問 参院本会議

2020年10月31日

気候危機打開へ決議案 超党派議連 国会採択めざす

2020年10月29日
 「超党派『気候非常事態宣言』決議実現をめざす会」は28日、国会内で総会を開催し、「世界が気候危機に直面している」との認識を共有し、脱炭素社会にむけた取り組みを抜本的に強化するとした宣言決議案を決定しました。国会で早期の全会一致採択をめざします。…続きを読む
気候危機打開へ決議案 超党派議連 国会採択めざす

大きな議論で新たな政権の姿示す  BSフジ番組で 小池書記局長

2020年10月29日
 日本共産党の小池晃書記局長は27日、BSフジの番組「プライムニュース」に出演し、臨時国会での菅義偉首相の所信表明演説(26日)を受け、菅政権の「原発推進」や日本学術会議への人事介入の問題などを批判しました。臨時国会では核兵器禁止条約への批准など「この国の進路にかかわる大きな議論を行いたい」と表明しました。…続きを読む
大きな議論で新たな政権の姿示す  BSフジ番組で 小池書記局長

建設石綿訴訟全面解決を 都内 救済・基金求め集会

2020年10月11日
 建設アスベスト訴訟全国連絡会と首都圏建設アスベスト訴訟統一本部は8日、年度内に出るとみられる最高裁判決の勝利をめざし、被害者全員救済と補償基金創設をもとめて東京・日比谷野外音楽堂で集会を開きました。…続きを読む
建設石綿訴訟全面解決を 都内 救済・基金求め集会
1 2 3

前のページに戻る

月別

ご意見・ご要望