日本共産党 書記局長参議院議員
小池 晃

検索

社会保障

政権交代を実現し水俣病全面解決へ 熊本・天草演説会 小池書記局長が訴え

2020年12月15日
 熊本県天草市で13日、日本共産党の小池晃書記局長・参院議員を迎えた演説会が開かれました。初めて同市を訪れた小池氏は「水俣病被害者救済特別措置法」の成立や川辺川ダム(同県相良=さがら=村)の建設中止も、政権交代の中で実現しながら自民党政権に戻って後退しているとし、「やはり今、自民党政権に代わる新しい野党連合政権をつくる必要がある。しかも今度は共産党も加わる政権交代だ。全面解決のため、力を合わせてたたかい抜こう」と訴えました。…続きを読む
政権交代を実現し水俣病全面解決へ 熊本・天草演説会 小池書記局長が訴え

水俣病被害者 救済訴え 熊本 小池氏「全面解決早く」

2020年12月15日
 日本共産党の小池晃書記局長は13日、熊本県天草市で、水俣病被害者と懇談しました。衆院九州・沖縄ブロックの、まじま省三、まつざき真琴の両比例予定候補、松岡勝県委員長らが参加しました。…続きを読む
水俣病被害者 救済訴え 熊本 小池氏「全面解決早く」

検査拡充、生活支援、すべて野党要求の実現 政権交代で自己責任の自民党政治変える

2020年12月13日
 日本共産党の小池晃書記局長は10日夜、BSフジ番組「プライムニュース」で、新型コロナウイルス感染症の急拡大のもと、野党の結束した力で検査拡充や生活支援を実現してきたと紹介し、市民と野党の本気の共闘で、次期総選挙での政権交代と野党連合政権樹立を実現すると強調しました。…続きを読む
検査拡充、生活支援、すべて野党要求の実現 政権交代で自己責任の自民党政治変える

医療・暮らし 緊急事態に対応せず 政府「追加経済対策」 小池書記局長が会見

2020年12月09日
 日本共産党の小池晃書記局長は8日、国会内での記者会見で、政府が同日決定した新型コロナウイルス対策の「追加経済対策」について、「医療や暮らしの危機に対する、緊急の支援策になっていない」と厳しく批判しました。  小池氏は、「いま、コロナ感染の急拡大により、全国各地で医療崩壊の危機が進行している。多くの国民、中小零細事業者からは、『年を越せない』という悲鳴が上がっている。政府が今日発表した『追加経済対策』は、現実に起こっているこうした事態に対応するも…続きを読む
医療・暮らし 緊急事態に対応せず 政府「追加経済対策」 小池書記局長が会見

「GoToキャンペーン」に多額の血税  小池書記局長「言語道断」

2020年12月09日
 日本共産党の小池晃書記局長は8日の記者会見で、政府が「Go To キャンペーン」の費用のために予備費から3000億円を充てるとの報道について問われ、「Go To トラベルは、専門家や日本医師会なども、やめるべきだと言っている。感染拡大のきっかけになったことは間違いない。抜本的に見直す必要がある」と指摘しました。…続きを読む
「GoToキャンペーン」に多額の血税  小池書記局長「言語道断」

75歳以上の窓口負担増 自公の議論は「党利党略」 引き上げ計画の撤回を

2020年12月08日
 日本共産党の小池晃書記局長は7日、国会内で記者会見し、75歳以上の高齢者の医療費窓口自己負担を2割に引き上げる対象について「自民、公明両党間の調整が難航している」との報道に関して、来年の衆院選と東京都議選、そして次期参院選を控えるなかで「どこでラインを引けば選挙への影響を少なくできるかを『調整』しているだけの党利党略であり、負担増そのものを撤回すべきだ」と批判しました。…続きを読む
75歳以上の窓口負担増 自公の議論は「党利党略」 引き上げ計画の撤回を

医療費負担2倍化やめて 厚労省前 高齢者座り込み開始

2020年12月03日
 菅義偉政権が75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担2割化をすすめようとしていることに対して2日、誰もが安心して暮らせる世の中の実現を求めて、日本高齢期運動連絡会は厚生労働省前で座り込みを開始しました。座り込みは4日までの3日間行われます。…続きを読む
医療費負担2倍化やめて 厚労省前 高齢者座り込み開始

感染拡大 政権の“人災” 万全の防止策が最強経済対策

2020年11月29日
BSで小池書記局長  日本共産党の小池晃書記局長は27日、BS―TBSの番組「報道1930」に出演し、この間の新型コロナウイルス感染の急拡大によって、重症者が増え、医療が逼迫(ひっぱく)しているにもかかわらず、実効ある措置が取られていないとして、「菅政権による“人災”になりつつある」と厳しく批判しました。急いで病院と高齢者施設を中心に無症状者を含めた社会的検査を行うことをはじめ、「万全の感染防止対策こそ最強の経済対策だ」と訴えました。  同日、…続きを読む
感染拡大 政権の“人災” 万全の防止策が最強経済対策

比例東海2議席以上へ 愛知・岐阜 小池書記局長が訴え

2020年11月22日
 日本共産党の小池晃書記局長は21日、愛知県瀬戸市と岐阜県大垣市で街頭演説し、「医療や介護を本気で応援する政治、暮らしに希望が持てる政治に変えよう。市民と野党の共闘で次の総選挙で野党連合政権の実現を。比例で共産党を大きく広げ、東海2議席以上へと躍進させて」と呼びかけました。…続きを読む
比例東海2議席以上へ 愛知・岐阜 小池書記局長が訴え

コロナ対策 医療支援金現場に届かず 総額3兆円の2割に満たず

2020年11月22日
 新型コロナウイルス対策として国が設けた総額約3兆円の「緊急包括支援交付金(医療分)」をめぐって、医療現場に届いた額は10月末時点でも全体の2割に満たない計5200億円にとどまっていることが、厚生労働省から日本共産党の小池晃参院議員に示された資料から判明しました。多くの医療機関がコロナ禍で経営悪化に直面し“すでに借金漬けだ”と悲鳴があがっており、迅速な交付が求められています。…続きを読む
コロナ対策 医療支援金現場に届かず 総額3兆円の2割に満たず
1 2 3 4 5 6 7 8 9 34

前のページに戻る

月別

ご意見・ご要望